診察案内

  • イメージ画像
  • イメージ画像

初めて受診される方へ

当クリニックでは、完全予約制の
眼科専門診療のみを行なっております

  • 1

    診察スタイル
    当クリニックでは、
    主治医様からのご紹介診察予約が必要です。
    目の病気は体の病気から起こることも少なくありません。
    全身状態を把握される主治医様のご協力が不可欠となりますのでご了承ください。
  • 2

    診療内容
    当クリニックでは眼科診療のみを提供する動物病院です。
    眼科専門診療のクオリティーを維持するために、フィラリア/ワクチン予防、ならびにその他の一般診療は行なっておりませんので予めご了承ください。

診察申込書PDFは以下のリンクより
ダウンロードして頂けます

診察料金

初回診察料金
15,000円(下記の一般眼科検査費用を含む)
再診料金
3,000円+下記の中で実施した眼科検査代
  • 細隙灯検査2,500円

  • シルマーティア検査1,000円

  • フルオレス染色試験1,000円

  • ローズベンガル染色試験1,000円

  • 眼圧検査1,000円

  • 眼底検査2,000円

犬猫でみられる目の病気

  • イメージ画像

    涙膜の病気

    ドライアイに代表される涙膜の病気では、治りにくい、または繰り返し起こる目の充血や黄色の目ヤニが見られることが特徴です。
    また涙やけもサプリメントや拭うだけでは根本的な治療とならず、きちんとした原因治療が必要です。

  • イメージ画像

    角膜の病気

    角膜の病気は目の病気の中でも最も頻繁に見られる病気です。
    特に散歩後やシャンプー後の目のしょぼつきは角膜に傷を負っていることもあり、早急な治療が必要となり、治りにくい傷では眼科専門医による手術も必要となることがあります。

  • イメージ画像

    白内障

    白内障は目の黒目が白くなり、時には急に白くなって痛みを伴ったり、視力が落ちる事もある怖い病気です。
    白内障手術は当院でも手術依頼を受けることが多い病気の一つで、その手術には専門医による洗練された技術が必要です。

  • イメージ画像

    緑内障

    緑内障は人間でも同じく激烈な痛みを伴い、失明につながる非常に怖い病気です。
    特に柴犬やコッカー、ボストンテリア、シーズーは緑内障好発犬種です。当クリニックでは緑内障に対するバイパス手術(隅角インプラント)にも対応しております。

  • イメージ画像

    ぶどう膜炎

    ぶどう膜炎は目の中で起こる炎症の病気で、それゆえにその診断には眼科専門機器が必要となります。
    ぶどう膜炎は緑内障にも白内障にもつながる怖い病気で、迅速かつ適切な治療が必要となります。
    なかなか治らない目の充血もぶどう膜炎である危険性もあります。

  • イメージ画像

    網膜の病気

    網膜は目から入った情報を脳に伝える大事な目の中の神経組織です。
    「網膜変性症」に代表される網膜の病気は失明の原因となり、また遺伝する可能性があります。夜の散歩に行きたがらない、などの症状が見られましたら早めの受診をお勧めします。

その他、様々な目の病気に対応可能です
診察希望の方は、診察予約フォームよりご予約下さい